英語の勉強法、間違ってない?

英語の勉強法

 

英語の勉強法といっても色々な英語の勉強法があります。英語の勉強法を英語を実際に勉強している人に聞いてみると独学で勉強しているという人も多いようです。英語の勉強法は、どんな英語の勉強なのかによって変わってきます。たとえば中学英語なのか高校英語なのかによっても勉強法は変わってきますし、センター試験に向けての英語の勉強法なのか英検に向けての英語の勉強法なのかによっても方法は違っています。
英語の勉強法でおすすめのものがあると聞いてみても、実際に試してみたら、自分にとってはあまり合わなかったということもありますから、英語の勉強法が誰でもすべての人に合うというわけではありません。英語の勉強法は自分にあったものを選ぶようにするのがいいのではないでしょうか。
たとえば英語の勉強法で長文読解をする方法としては、後ろから訳すのではなくて、前から訳す勉強法で、どんどん進めていくと身につくといわれています。
このように、何か英語の勉強法でポイントとなるものがある場合には、それを実践して、自分に合っているかどうかを確かめてみるというのもいい方法かもしれませんね。
芸能人の英語の勉強法をテレビで放送していることがあります。たとえばサッカー選手の中田英寿選手の英語の勉強法なども放送されていましたし、海外ドラマを見ながら英語を勉強する方法を実践している人もいると思います。英語の勉強法と一言で言っても色々な方法がありますから、自分に会った勉強法を探すといいですね。

 

英語の単語

 

英語の単語といえば英単語を一生懸命書いては覚えていたという中学時代を思い出すという人も多いのではないでしょうか。英語の単語を覚えるには実はコツがあるのです。英語の単語を覚えるコツをつかんでおけば、英語単語をスムーズに覚えることが出来ますからとても時間短縮になるかもしれませんね。では英語の単語を覚えるコツというのは、どのようなコツなのでしょうか。英語の単語を覚えるコツとして、もし自分がまだ覚えていない単語が出てきた場合には、とりあえずメモをしておきましょう。その際のポイントとしてはその単語だけをメモするのではなくて、文章ごとメモしておくととてもいいといわれています。そしてそのメモをした紙は常にもっておいて確認しながら覚えていきます。
何度も何度もその単語を目で見て覚えて記憶していくという方法が単語を覚える際には一番の方法とされています。単語を目で見て意味を見て覚える、文章ごと覚えるということは記憶が頭に残りやすいのでいいのではないでしょうか。
英語の単語を使う際に単語帳を購入すると思いますが、単語帳に表側には単語を書いて、裏に意味を書くだけの人がいますが、その使い方をせずに、表には、単語だけでなく文章も書いておくようにして、裏にもどのような場面で使うのかなども書いておくようにすればスムーズに自分で使おうと思っている時に口に出てくると思います。
英語の単語は覚えるだけでは意味がありません。それをいかに使えるようになるかがポイントです。

英語の学習

 

英語の学習は色々な方法があると思います。最近の日本の英語学習のスタートの時期はとても弱年齢化しているのが特徴で、早い子供の場合になると0歳児の時から英語学習をスタートさせていたり、中には胎教に英語学習を始めているという人もいるといわれています。英語の学習方法は色々とありますが、人気なのが楽しみながら英語学習をするというタイプです。
英語学習といっても、問題集と参考書を見ながらがっちりと勉強するというよりも、ゲーム等をしながら楽しく行うのが今は人気です。
英語学習教材も色々な種類のものが販売されていますがゲーム感覚で勉強できるものもたくさんあります。パソコンを使ったもの、DSなどのゲーム機を使ってもの、インターネットを使ったものなども多く見られるようになりました。
もちろん英語学習で英会話スクールへ通うという学習方法を取り入れている人も多いと思います。従来の英語の学習方法といえば、単語を覚えて文法を覚えるという筆記式の学習方法が多かったのに比べて、最近の英語の学習方法はスタイルが少し変わってきて、どちらかというとリスニング中心の英語学習が多いのではないでしょうか。
そのため、英語学習教材も、ipodで英語学習が出来るものや、携帯で英語学習が出来るものなど、いろいろなものが出てきました。英語学習をこれから選ぶという人は口コミや体験談などを参考にしながら選ぶと、スムーズに英語学習を選ぶことが出来るかもしれません。